スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローゼンメイデン


肝心の無印のほうを書いておくのを忘れていた。
そこそこのクオリティでかつ話もなかなかだったので、YouTubeの検索にかけるのもそんなに苦ではなかった(笑)
無印を見ただけでは、「翠星石は単なるツンツン」「普段の雛苺はうざい」みたいな感想しかでなかったけど、
次作トロイメントを見てしまったので奴らに対する愛着が増してしまった。
まったく心憎いやなぁ。
ちなみにこのOPで初めてアリプロを聞いたわけですが、
音程の処理が上手かったのでビックリしました。
(あとからボーカルの人がオバサンだったとわかってガッカリしました)
最後辺りの主人公と真紅のラブラブっぷりが非常に良いと思うよ。
なんてよこしまなことを考えて見ていた。

→地獄少女 二籠
あいちゃんかわいそうじゃん!
とかっていう超短絡的思考でもって見ていた。
後半に入ってきて、町の人が他人を呪う理由が軽すぎやしないかと思ったけれど、一応きちんとオチがついてて安心した。
きくりが嫌な子だったり可愛かったりするので困る。
やっぱりアニメは子供らしい目線で見るのが一番頭使わなくて良いかな。
好きだけどDVD買うほどではないッスな。
スポンサーサイト

電脳コイル


NHKのアニメ番組なのですが、かんなりクオリティが高くていい匂いがします。
残念ながら放送時間がアレなので私はあまり見れないのですが、
YouTubeで見た1話冒頭部分だけでもそのハイクオリティさが見て取れます。
流石日本ひきこもり協会謹製だね!
これは久しぶりにDVDが欲しくなる匂いです。
オタクっ気全開かな?
ちなみにアニメ製作はマッドハウスです。
ローゼンも作ってたマッドハウスです。パラキスも手がけたマッドハウスです。
最近サークルの先輩に借りたローゼンメイデントロイメントのDVDのおかげですっかりアニメスキーが復活してしまいました。

→ローゼンメイデン トロイメント
前作ローゼンメイデン無印の続き。
真紅がとっても可愛い!これは人形その他が欲しくなる気持ちがわかるわかる。
やっぱ人形の名前が「可愛い系じゃない」あたりがイカしてる。
(イカしてる、という言葉は既に死語?)
金糸雀をはじめ、新しい人形やキャラも豊富、話も厚め。
でも前作に比べると作画の安定感がないような?
まぁそのへんはあんまりこだわらんのでいいですが。
キャラ立ちの具合はだいぶ良いです。
きちんとみんな成長してっているし。
ちなみに雛苺の機能停止の場面で普通に泣きました。あれはやばい。

ば と ん だ

妹分からバトン回ってきた。
答えよう。(拾うのがだいぶ遅くなったけど)(笑)


『絶対回答バトン』

ルール:見てしまった方は必ず回答してください。

●一番幸福なことは?
音楽を聴きながら絵を描くときの生みの苦しみみたいなもの

●一番いて欲しい人は?
嫁とか家族とか妹達とか~

●一番後悔したことは?
後悔はさんざんした後ケロっと忘れて、しばらく経って思い出して
「ああああ」ってなるタイプなので、
思い出すまで思い出せません。

●一番寂しいことは?
買った水着を見せる相手がいません

●一番嫌いな人は?
面倒くさい人たち

●一番憧れてる人は?
んんんんんん超悩む
今はサークルの先輩かな。せんぱい!

●一番嫌いな数字は?
14 因縁深いのです。

●一番叶えたいことは?
絵が描ける生活

●一番痛かったことは?
モッシュで頭やられたのは痛かった(笑)

●次に回す人
ブログでは基本回さない主義です。
妹の期待にこたえられたかわからぬけれどまぁいっかw

イラスト/フラスト

→シャロン!
私はパネルとか漫画とかそういう気合の入った絵を描くときに大体テーマソングを決めるのだけれど、
今回はGoBackChinaとシャロンにした。
くるりの曲とRossoの曲。
GoBackChinaはいつもいつも描きたいと思っていてもかけないので悔しいから無理やりにでも描いてやろうと思っている。
あの 「歌を聴いたときの胸のすくような感じ」 をどうやって絵にしたらいいかわからない。
GBCを聞いて思う、倦怠感のような独特の、あの中国の胡同みたいな雰囲気をどうやって表現したらいいかわからない。
シャロンを聞いたときの、澄んだ清涼感のような気持ちを、どの色で塗ったらいいのかわからない。
まだまだだなぁ。

→イメージ
GBC…
・トーンの低い色を多色遣い
・ごちゃごちゃ
・輪郭がぼやけている
・色彩はマット
・中国の胡同
・止まってる絵

シャロン…
・全体的に彩度の低い絵
・心臓
・ホワイトファルコン
・灰色
・動画を一時静止したような絵
・空
・星屑
・青系

しゃばけ  畠中恵

江戸・フィクション・推理物・ファンタジー

時代設定は江戸時代、主人公は妖怪が見える薬問屋の若旦那(17歳)。
サブキャラとして人間のふりをしてずっと若旦那を護衛している大妖2匹。
大工殺しから始まった連続殺人事件を超超病弱な若旦那が解決する話です。
外出するごとに寝込んでいるって、若旦那、体弱すぎだよ(笑)
推理物ではありますがそんなに難しくなく、退屈でもなく、文体もけっこうスラリとしてて読みやすかったです。
それにしても1日で読んでしまったのはかなり勿体無かったなぁ…

今回は文庫版を読みましたが、所々にポチっと入ってる挿絵が可愛い。

新潮文庫からの335ページ、514円ナリ。
厚さにして約1センチなので本苦手な人でもいけるかと。
そして続刊がわさわさ出てるので本読みにもオススメかと。

中の人

ミカド

Author:ミカド
田舎在住のマンガ好き

東方
スケットダンス
ペルソナ4
実況プレイ動画

…の話をよくします。

メール
mikado-robo●hotmail.co.jp
●/@

数え中
最近の記事
コメント
カテゴリ
こんてんつ
月ごとアーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。